りせの人生

Fラン卒/年収250万/借金持ちの三重苦が起死回生を図るブログ

恋バナに対するリアクションが面倒

私は昔から女性同士のいわゆる『恋バナ』ってやつが嫌いです。

たとえば、

・今いい感じの人にライン送ったのに返事が来ないの、とか

・彼氏がなかなか告白してくれないから、私から告白しちゃった!とか

どうでもいい話を聞くのはまだいいのです。

 

しかし、

『きゃー!まじ女の子してるよ~』

『超うらやましい!!それでそれで~』

リアクションをしないといけないのが辛いのです。

 

私にとってはおっさんの昔の武勇伝や自慢話を聞くことと匹敵するストレスです。

 

おっさんの武勇伝も大げさなリアクションが求められます。

『すご~い●●さんって行動力ありますね~~さすが~~』とか

『え~~続きがきになる~~~教えてくださいよ~~~~』とか。

恋バナと匹敵するリアクション女王にならないといけません。

 


これがおっさんの自慢話なら、飲み会の次の日に

『あの糞親父、地獄に落ちろ

と同僚と話せばいいのです。それでストレス解消できるのです。

 

しかし恋バナは『女子がみんな好きな話である』というのが前提にあるのでストレス解消ができません。

『もしかして私って性格悪い?』

と自問自答しているのでブログに書いてみました。

皆、本当に面白くて『キャー』とか言ってるのかな・・・

 

 

話は変わりますが、何故女性は自分の恋愛話を恥ずかしげもなく話せるのでしょうか。

また男性は何故男性同士で風俗に一緒に行けるのでしょうか。。。

 

もし男に生まれて、上司や友人から『風俗行こう』とか『おっパブ行こう』とか言われてたらたぶん今頃生きてないかもしれないです

風俗はまだしも、おっパブって(詳しくは知りませんが)個室ではないらしいじゃないですか。(個室でも嫌だけど)

よく職場のおっさんグループが『おっパブ行ってきたよ~』とか話しているのを聞きますが、(どんな職場だ)

そんな恥ずかしいところ、友人と一緒に行けるなって思います。

適当に『そうっすかww親父なのに元気っすねwww』と返してます。。。

 

(っていうか男性はトイレも大じゃなければ、仕切りがないんですよね・・・すごい世界だ・・・男に生まれなくてよかった・・・)

 

そう思えば恋バナ聞くくらいどうってことないですね。

 

 

ということで

・別に恋愛話を聞くのは嫌ではない

・しかし別に興味はないので、大げさなリアクションをとるのがストレスである

・そもそも恋愛とか性的な話って人に話さなくてもいいんじゃ…と思ってしまう

・男に生まれたら死んでたかも

 

 

終わり